「スポンサーサイト」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 : comment(-) trackback(-)

「「ニート採用枠」とか義務つけたらいいのに」

えっー、正直に言います。
就活、微妙にモチが下がってきてます。



一社から内定をもらって以来
「なんだ、やっぱりオレってやればできるんじゃん」みたいなことを思って
微妙に気が緩んでしまってるというか何と言うか。



 典 型 的 ダ メ 人 間



というかさ、何なのさ今の日本の企業どもは。
ちょっと大きいところは新卒しか募集してない
もしくは「○○の経験3年以上」とかの条件付き。
…僕の入り込める余地ないよ(つД`)



新卒も第二新卒もたいして変わらねえよ!もっと第二新卒採用に力入れろよ!
ニートの実力バカにしてると、あんた地獄行くよ!!

スポンサーサイト

「結局」

某社からの内定けりました。





これで、また無職モード継続です。

「やっぱ人生、この時のために生きているようなもんよね」

頭痛くて、体もダルくて、今日はどうも具合悪い。



昨日、調子に乗って4時くらいまで深酒やったせいかな(汗)



夜眠れないので、エヴァでも見ながらちょっとだけお酒飲むかと焼酎を引っ張り出す。
  ↓
「世界の中心でアイを叫んだけもの」を見て
「僕はここにいてもいいんだ!」とか叫びながら、勢いでグラスのお酒を一気に飲み干す
  ↓
次は「まごころを、君に」を見る。
  ↓
碇ユイの「生きていこうとさえ思えば、どこだって天国になるわ」のセリフを聞いて
「うぉぉぉー、母さんーー!」とか叫びながら、また勢いで一気に飲み干す。



こんなことを繰り返して、気がつきゃいつもボトル半分くらい一人で飲んでる。
んで、翌日二日酔い。本当バカだな、オレって。

「細木数子大先生にでも相談しようかしら」

今日、内定をもらった企業から正式な通知書が来た。
期限は一週間か…。



きちんと考えなきゃいけなのに、今日もスロ打ってるダメ人間な自分が大好きだ!

「贅沢いえる立場じゃないのはわかってる」

内定でた。



さぁ、どうするオレ?

「「傷つけられたプライドは、10倍にして返してやるのよ」」

今日は某社の最終面接でした。



「職種が営業」「海外を含めた転勤アリ」、この2点がどうしても引っかかってるけど
一応有名な企業の系列会社だから、やっぱり規模は大きいし
休みは多い(らしい)し、給与や待遇・福利厚生は本社と同じ扱いだし(*´Д`*)
それを思うと、たとえ営業だろうと何だろうと、入ったもの勝ち、なのかな。



「イヤな奴」と思われるのを覚悟で書くと…



会社選びの際、「前の会社より大きい会社に入りたい」というのが
自分の中で大きなウエイトを占めてる。
たとえどんなに自分のやりたくない仕事でも、大きい会社なら入ってもいいとさえ思ってる。
まぁ、「大きい会社」ってのも抽象的な言葉だけど
ここでは、一般的にいわゆる「大企業」とされるところ、「一流どころ」って意味だと思ってください。



公務員を目指して、前の会社を辞めて、ロクに勉強もせず遊んでばっかで終わった。
そんな風に負けたままで終わりたくない。
友人や前の職場の同僚への見栄や意地(?)みたいなものがあるのかもしれない。
というか、間違いなくある。



僕のことなんてたいして意識してない、むしろ忘れてる人も少なくないと思うけど
やっぱり、「辞めて結局あの程度かよ」とは言われたくない。



だから、それを思うと、たとえ引っかかる点が多少あっても
自分の気持ち、イヤな言葉で言うと、「自尊心」や「プライド」にあたるもの
それらを満足させるために、この会社を選ぶのもありだと思う。



でも、それだけで決めてしまうのも、何か違う気がするのも事実。
一時的な見栄や意地で、大切な視点を失ってしまってるような気がして。



まぁ、まだ内定もらったわけじゃないから、取らぬ狸の何たらだけどさ(爆)

「I'm not Fakin' It !」

「月刊Newtype」という雑誌の今月号に
エヴァの放送10周年記念の特集がされた別冊付録がついていたので、昨日購入した。



ちょうどエヴァがリアルタイムでやってたころ
僕はハードロックに夢中な高校生で
アニメなんかには全く興味を示さない、カッコいい(?)バンドマンだったのになー。
いつの間にこうなってしまったのやら。



当時はデイヴ・ムスティン、マイケル・モンロー、セバスチャン・バックが憧れだったのに
今はカヲルくんや加持さんが僕の憧れになってしまいました…。

「レゾン・デトール」

20051006_asuka
▲貞本版エヴァ第4巻より。



このセリフの意味、昔はわからなかったけど、今は痛いほどわかる気がする。



「自分の存在や価値を他人に誇示していくような生き方は僕にはできそうにないし」と
以前そう書いたことあるけど
今の僕が欲しいのは、そういう生き方なのかもしれない。
それが正しいとか正しくないとか、できるとかできないとかは別にして。



ということで、今日から僕はアスカになります(意味不明)。



「このあたしが書いたブログ読んでんのよ?ちったぁ嬉しそうな顔しなさいよ」

「フィールド全開っ」

おはようございます(←さっきまで寝てた)


何かね、明治初期の時代にいて、「○○が人斬りだったなんて、オレ信じられねえよ」とか言ってる夢見てた。


どんな夢だよ…。

 HOME 

プロフィール

一ノ瀬 薫

Author:一ノ瀬 薫
以前は「YOU」って名乗ってましたが、このたび改名いたしました。

大阪で働いている普通の男の子(子?)。仕事のこととか、恋愛のこととか、日々のことを徒然と綴ってます。

生息地;大阪
お仕事;普通のサラリーマン
性別;
生年月日;1981年2月14日
趣味;
読書、料理、パチンコ、パチスロ、詩をかくこと

もっと詳しくはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。