「スポンサーサイト」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 : comment(-) trackback(-)

「夜明けの街で/東野 圭吾」

夜明けの街で夜明けの街で
(2007/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る



「不倫する奴なんて馬鹿だ」と思っていた男が
ふとしたはずみから会社の女性と不倫関係をスタートさせてしまう。
しかし、その相手には時効寸前の事件の犯人の疑いをかけられていた…という
ミステリーと恋愛がセットになった小説。


「ここで止めておくべき」とわかっているのに
もう一歩を踏み出してしまう…そんな男の心情がリアルに描かれており
男性の僕でも「男ってやつは…」と思ってしまった(笑)


勿論それだけでなく、東野圭吾さんらしい
ミステリーとしての魅力も持ち合わせており
最後の真相は一筋縄ではいかないものでした。


他の東野圭吾さんの作品と比べると
ミステリーとしての評価は低いみたいだけど、読んで損はないと思います。

スポンサーサイト

Comment

キョン
主人公の男がいわゆるただやりたいダメ男。
読んでて腹立たしかった。
こんなダメ男に、なんの魅力的なエピソードもないまま、惹かれて行くヒロインにも嫌気が差した。
不倫するならもっといい男であってほしいし、ダメ嫁であってほしい。
読んでて腹立たしい小説です。
2011.02.04 08:00
一ノ瀬 薫@管理人
すみません、せっかくコメントいただいていたのに
返事が大変遅くなりました…!
(ちゃんとお返事したつもりができてなかったようです…)。

確かにおっしゃる通り男も女も中途半端ですよね。
「めっちゃいい男」「めっちゃロクデナシ男」ってわけでもないし
奥さんだって、普通の奥さんだし。

でも、実は自分は結構主人公の男の気持ちに共感していたりします(笑)

個人的には、最後、奥さんが不倫に気づいていたような描写があったのが残念でした。
最後まで奥さんは知らないままで、再び普段の夫婦生活が続く…って終わりの方がよかった気がしますね。

2011.03.11 11:52

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kisanojini.blog123.fc2.com/tb.php/79-22cc0212

プロフィール

一ノ瀬 薫

Author:一ノ瀬 薫
以前は「YOU」って名乗ってましたが、このたび改名いたしました。

大阪で働いている普通の男の子(子?)。仕事のこととか、恋愛のこととか、日々のことを徒然と綴ってます。

生息地;大阪
お仕事;普通のサラリーマン
性別;
生年月日;1981年2月14日
趣味;
読書、料理、パチンコ、パチスロ、詩をかくこと

もっと詳しくはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。